ポーラ文化研究所ポーラ文化研究所
ポーラ/オルビス ホールディングス
JP|EN
JP|EN
Search
Close
FOCUS

【ニュースリリース】ポーラ文化研究所、国文学研究資料館と連携開始!浮世絵・江戸時代の書籍 約300点を高精細デジタル化、来春公開へ

2020.07.09

ポーラ文化研究所は、国文学研究資料館(東京都立川市)と協力・連携し、化粧文化に関する資料の高精細画像化・ウェブ公開の取り組みを始めました。対象資料はポーラ文化研究所が所蔵する、化粧・髪型・装いなどに関する浮世絵と江戸時代の書籍(古典籍)の約300点。国文学研究資料館が運営する日本唯一の古典籍ポータルサイト「新日本古典籍総合データベース」で2021年春頃に公開予定です。
これまで、ポーラ文化研究所では「蔵書データベース」「化粧文化データベース」などで所蔵資料を公開していますが、今回の連携により、古典籍175冊の全ページウェブ公開が可能となります。また、「新日本古典籍総合データベース」では、ポーラ文化研究所所蔵の古典籍・浮世絵を高精細デジタル画像でご覧いただけます。

ポーラ文化研究所は、化粧文化に関わる資料の収集と研究を重ね、知見を提供し続けてきました。資料のデジタル化・ウェブ公開は、インターネットを通じ、いつでも、どこでも情報提供できるほか、経年劣化や災害のリスク軽減ができるなど、文化資産を未来へ継承する基盤となります。当研究所は、国文学研究資料館と協力・連携し、化粧文化に関する大規模な資料のデジタル化・公開を行うことにより、国内外の化粧文化への理解を広く深め、また研究・資料活用の機会をお届けできると考えています。

今回、デジタル化のため、研究員が対象資料を一点ずつ丁寧に確認していきました。鮮やかな発色の保存状態の良い浮世絵や、情報量の豊かな古典籍に改めて感動しつつ、この資料の美しさや詳細を高精細画像で多くの方にぜひご覧いただきたいと感じました。現在、公開に向けての準備を進めています。来春公開の際には、ポーラ文化研究所のウェブサイトやTwitterなどでお知らせします。どうぞお楽しみに!

ポーラ文化研究所と国文学研究資料館の協力・連携に関するニュースリリース
(株)ポーラ・オルビスホールディングス「ニュースリリース」
ポーラ文化研究所・国文学研究資料館「共同プレスリリース」(外部サイトへリンク)

  一覧へ戻る  

この記事のキーワード

上へ