ポーラ文化研究所ポーラ文化研究所
ポーラ/オルビス ホールディングス
Search
Close
化粧文化 COSMETIC CULTURE
もっと知りたい日本髪

003

結髪(けっぱつ)

2019.11.28

普段のヘアスタイルはゆるふわに、どこか無雑作に崩すのがトレンド。けれども、着物の時はシャンと結い上げた髪が"粋"に思えます。そこで今回のキーワードは髪を結うこと、「結髪」です。

前回お話しした、髪を結いはじめた頃の「下げ髪」や「玉結び」に続いて登場するのが、こうした過渡期の髪型から一歩進んだ「唐輪髷(からわまげ)」。日本髪の原形といわれています。安土桃山時代の天正頃(1573~92)に遊女たちが結いはじめ、中国(=唐)の女性の髷を真似たところから名付けられました。

葉うた虎之巻(部分)/豊原国周 文久頃(1861~64)
扱うのが大変な長い髪を結ってもらっている。ちなみに結髪師という職業が盛んになったのは、江戸時代に入ってからのこと。葉うた虎之巻(部分)/豊原国周 文久頃(1861~64)
扱うのが大変な長い髪を結ってもらっている。ちなみに結髪師という職業が盛んになったのは、江戸時代に入ってからのこと。

唐輪髷が登場する前までは、髪を結ったとはいえ下の方に下ろしていたので、高い位置で結い上げたアップスタイルは初めてのこと、当時としてはひと際目立った斬新なヘアスタイルだったのです。そしてこの結髪こそ、結った髪を折り曲げて作られる部分、髷(まげ)の誕生でした。

この唐輪髷をベースに、江戸時代になると四つの結髪が誕生していきます。
兵庫髷(ひょうごまげ)、島田髷(しまだまげ)、勝山髷(かつやままげ)、笄髷(こうがいまげ)。この四つは見た目の違いもさることながら、身分や職業、未既婚など、誰がその髷を結うのかも異なりました。ということは、結髪をみれば江戸女性のプロフィールがある程度わかったということです。これから連載でお話していく結髪の特徴や髷の話、豆知識としていて覚えていると、時代劇を観ていてもきっと発見がありますよ。

近世のアップスタイル「唐輪髷」近世のアップスタイル「唐輪髷」

この記事のキーワード

最新の記事

上へ