ポーラ文化研究所ポーラ文化研究所
ポーラ/オルビス ホールディングス
JP|EN
JP|EN
Search
Close
化粧文化 COSMETIC CULTURE
もっと知りたい日本髪

006

兵庫髷(ひょうごまげ)

2020.04.23

結髪がはじまった江戸時代、第3回でご紹介したように、兵庫髷(ひょうごまげ)、島田髷(しまだまげ)、勝山髷(かつやままげ)、笄髷(こうがいまげ)という基本となる4つの髪型が生まれました。今回はそのひとつ、兵庫髷を詳しくご紹介します。

浮世絵 時代かがみ 延宝の頃(1673~1681)/楊洲周延浮世絵 時代かがみ 延宝の頃(1673~1681)/楊洲周延

この髪型は髷(まげ)をつくる髪型の原型ともされる唐輪髷(からわまげ)から発展。その特徴は、後頭部に高く輪を作った髷と、その根元にぐるり髪を巻きつけるところ。突き出た髷以外の部分、前髪や鬢(びん)、髱(たぼ)はおとなしくて、いたってすっきりシンプルです。

初期は遊女が結った兵庫髷も、しだいに一般女性も結うようになりますが、やがて下火に。しかし、髷を横に倒して結った横兵庫(よこひょうご)に進化して再登場!
輪にした髷を扇や蝶の羽根のような形にするなど、粋で華やかな遊女の髪型として様々にバージョンアップしていきました。京都、島原で結われた横兵庫は、最も豪華な日本髪といわれています。誰よりも目立つ髪型に!遊女たちの競争心が髪型をさらに進化させていきました。

京・島原の横兵庫/文化・文政京・島原の横兵庫/文化・文政

※このコンテンツは2015年から2018年にポーラ文化研究所Webサイトにて連載していた「やさしい日本髪の歴史」を一部改訂再掲載したものです。

  一覧へ戻る  次へ >

この記事のキーワード

最新の記事

上へ