ポーラ文化研究所ポーラ文化研究所
ポーラ/オルビス ホールディングス
JP|EN
JP|EN
Search
Close
化粧文化 COSMETIC CULTURE
ウチの江戸美人

034

冬から春へ

2020.04.02

冬から春へ

sakuan izumi

【衣替え】

江戸時代は年に4回衣替えを行っていました。特に寒い9月から3月にかけては袷(あわせ)の表地と裏地の間に薄綿を入れて「綿入れ」として着用し、4月になると綿を抜いて再び袷にしていました。

  一覧へ戻る  

この記事のキーワード

最新の記事

上へ