ポーラ文化研究所ポーラ文化研究所
ポーラ/オルビス ホールディングス
JP|EN
JP|EN
Search
Close
化粧文化 COSMETIC CULTURE
ウチの江戸美人

066

ただいまメーク中!

2021.08.05

ただいまメーク中!

sakuan izumi

【化粧仕度】

江戸時代の白粉化粧は、肌を自然に白く見せるため、顔だけでなく首や襟足、胸のあたりまで白粉を塗っていました。化粧支度中の女性が着物の襟をはだけて両肩を出し、指や刷毛を使って白粉を塗ったり、合わせ鏡で白粉の付き具合を確かめたりする姿は、女性らしい仕草のひとつとして、美人画にも度々描かれました。

  一覧へ戻る  

この記事のキーワード

最新の記事

上へ