ポーラ文化研究所ポーラ文化研究所
ポーラ/オルビス ホールディングス
JP|EN
JP|EN
Search
Close
化粧文化 COSMETIC CULTURE
コスメのある風景
大切な紅猪口を手にするとき

030

大切な紅猪口を手にするとき

2022.05.19

白・黒・赤の三色を用いる日本の伝統化粧において
紅化粧は唯一彩りを加えるもの。
唇や目もとに紅をさす......もっとも気持ちが高まるときです。

これは紅化粧に使う「紅猪口」。
内側には紅が塗られていますが
日に当たると色が褪せてしまうため、
常に器を伏せた状態で鏡台などに置かれていました。

この紅猪口は「京都紅平」、京都にあった紅屋平兵衛のものです。
生花のベニバナからごく少量しか抽出できないため
貴重で高価な商品だった紅。
中でも京都の紅は質が高く、江戸時代の女性たちにとって憧れでした。
京都からのおみやげなのか、自分で買い求めたのか......。
緻密な彩色が施されたこの伊万里焼の紅猪口を
持ち主の女性が大切にしていた姿が浮かんできます。

江戸時代の紅屋では、空になった器を持って行くと
また紅を塗り付けてもらえました。
お気に入りの紅猪口は
ずっと長く使い続けることができたのです。

指や筆を水で湿らせ、少しずつ紅を溶いて唇を彩るとき。
鏡の中の変わっていく表情を見るとき。
自分に向き合う時間の高揚感にずっと寄り添ってきた紅猪口です。

松鶴文様伊万里染付紅猪口 江戸時代末~明治
Photo YURI MANABE

  一覧へ戻る  次へ >

この記事のタグから他の記事を検索できます

最新の記事

上へ