ポーラ文化研究所ポーラ文化研究所
ポーラ/オルビス ホールディングス
JP|EN
JP|EN
Search
Close
化粧文化 COSMETIC CULTURE
みんなに聞きました!
みんなに聞きました!みんなに聞きました!

010

これからのメークへの思い

2021.01.27

現在のメークへの価値観

平成から令和へと改元したばかりの時期に、自分自身にとって、現在のメークはどのようなものか、その理由を合わせて自由回答方式でたずね、頻出ワード上位をランキングしました。現在のメークは全年代で「身だしなみ」のワードがトップ。また、15~34歳では「自信」がトップ2にランクインしました。

現在のメークへの価値観

これからのメークへの思いは…

次に、これからはじまる令和の時代のメークについてどのようなものであって欲しいかをたずね、頻出ワードをランキングしました。令和のメークでは、25歳以上で「自然」「ナチュラル」のワードが目立ち、トップ5にランクイン。自由回答の内容をみると、“厚化粧にならない、つくりこみすぎないメーク”“自分らしく、自然でいたい”という思いが強いことがみてとれました。現在のメークと同じく、15~34歳では、「自信」が令和でもトップ2にランクイン。若い年代を中心にメークは自分に「自信」を与える存在、といった意識がうかがえます。

これからのメークへの思いは…

未来のメークは義務から自然に?

現在のメークにおいて、25~54歳でトップ4にランクインしていた「義務」。令和のメークでは全年代で「義務」はランク外となっています。未来のメークには、義務感から解放され、明日の自分が自然体で輝くイメージがあるのかもしれません。

※このページは以下調査をもとに作成しています。
ポーラ文化研究所2019年6~7月実施調査

  一覧へ戻る  次へ >

この記事のキーワード

最新の記事

上へ