ポーラ文化研究所ポーラ文化研究所
ポーラ/オルビス ホールディングス
JP|EN
JP|EN
Search
Close
化粧文化 COSMETIC CULTURE
みんなに聞きました!
みんなに聞きました!みんなに聞きました!

011

髪の毛、染めてる?

2021.05.21

染めているのは7割

平成はじめの1991年にポーラ文化研究所が行った調査では、女性が髪を染めている割合は29%。約30年後の2019年の調査では59%が髪を染めているという結果でした(※1)。1990年代からはじまったヘアカラーブームを経て、髪を染めることは『特別』なことではなくなったようです。

染めているのは7割

カラーリングと白髪染め

髪を染めている割合を年代別にみると、高校生を含む15~19歳では3割程度でしたが、20歳以上の年代では概ね5割以上が髪を染めています。39歳以下では「カラーリング」が「白髪染め」の割合より多く、40歳以降は年代が上がるにつれ「白髪染め」が増えていきます。

カラーリングと白髪染め

染める気持ち

髪を染めている理由を聞いてみたところ、20~34歳では「気分を変えたいから」、35歳以上の年代では「身だしなみのため」という回答が目立ちました。髪を染めることは『特別』なことではなくなったようですが、一人ひとりにとって、こうありたいと願う自分の姿への思いがこめられているのではないでしょうか。

※1 1991年調査は訪問面接・留置調査(併用)、2019年調査はインターネット調査。調査手法等が異なるため、参考比較。

  一覧へ戻る  

この記事のキーワード

最新の記事

上へ