ポーラ文化研究所ポーラ文化研究所
ポーラ/オルビス ホールディングス
Search
Close
化粧文化 COSMETIC CULTURE
お化粧ヒストリー

華やかなよそおい、西洋のメークアップ

011

華やかなよそおい、西洋のメークアップ

2019.09.26

化粧・美容・髪型を中心に古今東西のよそおいの歴史をお伝えする「お化粧ヒストリー」。
次回からは「西洋のよそおい」をテーマに、特徴的なメークや髪型についてお話しします。

過去の西洋のよそおいの流行とは、どのようなものだったのかご存知ですか?

例えば、これまで「お化粧ヒストリー」で見てきた日本で江戸時代が始まった17世紀。
同時代の西洋ではどのようなメークやファッション、髪型をしていたのでしょうか。
明治時代が始まった19世紀や、大正から昭和の20世紀はどうでしょうか。

映画や世界史の教科書で見たことがあるような、巨大な髪型に顔を白く塗ったメークの豪華絢爛なドレス姿の女性たち。あるいは産業革命や世界大戦といった、世界が大きく揺らいだ時代のなかで変化したファッションやメーク......
よそおいの歴史は世界史の流れとあわせて見ることで、よりメークや髪型が担っていた意味などを知ることができます。

現代の感覚からすると、少し不思議なお化粧も登場......!?お楽しみに!

暦本『ラ・ギルランド・デ・モワ』より「セ・モワ…(私よ…)」 
ジュール・メニアル書店、ジョルジュ・バルビエ/1918年暦本『ラ・ギルランド・デ・モワ』より「セ・モワ…(私よ…)」 
ジュール・メニアル書店、ジョルジュ・バルビエ/1918年

この記事のキーワード

最新の記事

上へ