ポーラ文化研究所ポーラ文化研究所
ポーラ/オルビス ホールディングス
JP|EN
JP|EN
Search
Close
化粧文化 COSMETIC CULTURE
コスメのある風景
バッグモチーフのコンパクト

015

バッグモチーフのコンパクト

2020.03.12

ポーチに入れて、持ち歩くコスメといえば?
ファンデーションに口紅、アイブロウ、チーク......。

現代では当たり前になっている持ち運びができるコスメは、
今から約100年前、20世紀初頭の欧米で登場しました。

金属容器に固形パウダーとパフ、鏡が一体化した
コンパクトは、この時代に生まれたものです。

それまでは、自身の部屋でメークを完成させたら、
外出先では直さないことが当たり前だった時代。
どこでも簡単に化粧直しができるツールの登場は、画期的なことでした。

第一次世界大戦を経た欧米では、女性の社会進出が大きく進みました。
働き始めた女性のために、
あるいは自家用車に乗ってレジャーを楽しめるようになった女性のために、
持ち運びできる化粧品が誕生したのです。

このキラキラした装飾の
ハンドバッグを模したコンパクトも、その時代のもの。
外出先で化粧直しをすることが増えたため、
当時の女性たちはお気に入りの一品を持ち歩いていました。

コンパクトは女性たちの社会進出を支えた、
頼もしいパートナーでした。

バッグ型イミテーションストーン装飾コンパクト
1920~1950年代頃
Photo YURI MANABE

  一覧へ戻る  

この記事のキーワード

最新の記事

上へ