ポーラ文化研究所ポーラ文化研究所
ポーラ/オルビス ホールディングス
JP|EN
JP|EN
Search
Close
化粧文化 COSMETIC CULTURE
コスメのある風景
シルクロードを旅するお守り

024

シルクロードを旅するお守り

2021.06.10

赤い宝石が目を引く、ハートのかたち。
これは「アジュク」と呼ばれる銀製の背飾りです。
中央アジアに位置し、シルクロードを旅した
トルクメニスタンの遊牧民が、
衣服に縫い付けたり、下げたりして
身に着けていました。

幸福をもたらす鉱物とされる銀に
呪術的な祈りをこめて、
鳥や雄羊の角などのモティーフが線彫りで表現されています。
赤い宝石はカーネリアンです。
血の色である赤は、神聖な色であり身を守ってくれる色。
この背飾りだけではなく、
胸飾りや頭飾り、腕輪や指輪など
赤い石がついたさまざまな銀製の装身具を
全身にまとい、旅をしていました。

危険を伴う移動を宿命とした遊牧民たち。
砂漠や草原を、馬に乗って旅をするなかで
背後の災厄から身を守ってくれるのが
このアジュクでした。

また、これらの装身具はお守りとしてではなく
財産としての役割や、社会的立場を表す役割も担いました。
遊牧民たちが肌身離さず持ち歩き、
守り継いできた宝物です。

アジュク(背飾り) トルクメニスタン 19世紀
Photo YURI MANABE

  一覧へ戻る  

この記事のキーワード

最新の記事

上へ