ポーラ文化研究所ポーラ文化研究所
ポーラ/オルビス ホールディングス
JP|EN
JP|EN
Search
Close
化粧文化 COSMETIC CULTURE
みんなに聞きました!
みんなに聞きました!みんなに聞きました!

014

ウィズコロナ時代の化粧③ コロナ後への思い

2021.09.30

メークをして・・・もっと楽しく!

コロナが終息後、化粧で一番にしたいことについて、15~64歳の女性に自由回答方式で聞いたところ(※1)、「マスクで隠れている場所のメークにも力をいれたい」「口紅をきれいに引いて心置きなく笑いたい」「テスターをいろいろ試しながら買い物をしたい」など、メークを中心に化粧にかかわる自分のありたい姿や楽しむシーンを描く、さまざまな意見があがりました。

メークをして・・・もっと楽しく!

目立ったワードはリップメーク関連

自由回答で最も多く書かれたワードのトップは「口紅・グロス・リップメーク」299件、次いで「メーク」169件でした。年代別にみると、各年代のトップ2は「口紅・グロス・リップメーク」「メーク」となり、幅広い年代でメーク、特にリップメークへの強い思いがうかがえます。

目立ったワードはリップメーク関連

リップメークへの希望、渇望感

コロナ前と比べ、メークの頻度は43%減ったと「011ウィズコロナ時代の化粧① メークの変化」で紹介しましたが、「マスクに化粧がつくことを気にしないで思いっきりメークしたい」「マスクを外して普通にメークをして外出したい」といった意見からは、マスクでリップメークを十分にできないでいる人の希望、渇望感が伝わってきます。

※1 今後、コロナが終息しマスクや密を気にしなくてよい世の中になったとしたら、スキンケアやメークに関して一番にしたいことは」という質問に自由回答形式で答えてもらいました。
※2 このページはポーラ文化研究所2020年10~11月実施調査をもとに作成しています。

  一覧へ戻る  次へ >

この記事のキーワード

最新の記事

上へ